message奨学生からのメッセージ

福島大学 農学群食農学類佐藤 実結さん

01message

「食」に関する分野について学ぼうと思ったきっかけ、この学部・学科を志望した理由を教えてください。

私がこの学部を志望した理由はとても単純です。食べることも、畑いじ りをすることも、小さな生き物も好きだったからです。
また、福島県は農業が盛んで、そのうえ県面積が広いため地域によって農産物の特色が様々です。そのため将来地元でもある福島に農業面で貢献していきたいと思い、私の入学と同年に新設された福島大学食農学類で学びたいと考えました。

当財団の奨学生に応募しようと思ったきっかけと、選考過程で習得した「気づき」や「学び」について教えてください。

この奨学金については大学の案内で知り、「お金がもっとあれば私の活動の幅も広げられる」と考え応募しました。初めは自分の熱意を伝え採用される事だけを考えていましたが、選考過程で「何をしたいのか。それはどうしてか。」といった、分かったつもりで曖昧だった考えを明確化することができ、自己理解にも繋がったため結果がどうであれ得るものがあったと感じています。
また、二次審査の面接で質疑をいくつか受けたことで自分の意見の詰めの甘い部分に気付くことが出来ました。

当財団からの奨学金を活かし、いまどのような勉強・研究・活動等を行っていますか? 近況について教えてください。

コロナの影響で活動の幅は限られてしまっていますが、自粛期間中は興味をもっている昆虫食や農業関連の本を読んだり家の庭でも自分の畑を作ったりするなど、家でできる食農活動を行っていました。
また、県内の移動が可能になってからは様々な地域の農家さんや食品・農業関係の企業さんのもとへ出向き、職として関わっている人の話を聞いて、実際に食農学に求められている事について情報収集をしています。それは、自分がやりたい昆虫食・害虫学について勉強しつつ、研究室もまだ決まっていない現在、まずは食農分野における視野を広げる事からしていきたいと思ったからです。

2021年度奨学生を目指す後輩の皆さんへ向けて、応援メッセージをお願いします。

まずは挑戦することだと思います。選考を受けるだけでも得るものがあるので、少しでも気になっている人は積極的に
取り組んで欲しいです。ぜひ自分の学びに対する熱意を外部にぶつけて下さい。応援しています!

東京大学 教養学部理科2類荻原 彩楓さん

02message

「食」に関する分野について学ぼうと思ったきっかけ、この学部・学科を
志望した理由を教えてください。

小学生の頃に一年間の農業体験プログラムに参加し、自身で作物を収穫する達成感を得ました。それと同時に、安心で安全な作物を作る大変さを感じました。これらの経験から将来遺伝子組み換え作物を研究開発する仕事に携わりたいと思い、農学や科学だけでなく様々な知識を身に着けられるこの学部を志望しました。

当財団の奨学生に応募しようと思ったきっかけと、選考過程で習得した
「気づき」や「学び」について教えてください。

父の定年退職により、月の収入が半額以下となりました。学費にゆとりを持って勉学に励みたいと思い、この奨学生に応募させていただきました。選考過程の課題作文や面接を通して、自身が将来何をしたいか、そのために今何をしなければならないかを明確にすることができました。

当財団からの奨学金を活かし、いまどのような勉強・研究・活動等を行っていますか?
近況について教えてください。

生命科学に加えて、化学全般を学んでいます。農学について生命科学方面と化学方面の両方からのアプローチをかけられるように、幅広い知識を身に着けています。また以前参加していた農業体験プログラムのOB・OG会の運営に携わり、農業の大切さ、大変さを再確認しています。

2021年度奨学生を目指す後輩の皆さんへ向けて、応援メッセージをお願いします。

金銭面の不安を抱えながら自分のやりたいことに向かって努力するのはとても大変です。そのため今回奨学生に選出され、この半年間より一層学業に専念することができました。自身の目標に向かって、努力を続けていきたいです。

日本大学 生物資源科学部 国際地域開発学科尾﨑 安寧さん

03message

「食」に関する分野について学ぼうと思ったきっかけ、この学部・学科を志望した理由を教えてください。

食に関する分野を学ぼうと思ったきっかけは、農業高校に通っていたからです。基本的なサツマイモ、とうもろこし、きゅうり、白菜、イネなどを栽培するうちに自分で育てた野菜が販売され、お客さんから『美味しかった』と笑顔で挨拶された時、喜びを見出しました。食について興味を持ったのはこの時からです。学部、学科を志望した理由は農業や食を通じてたくさんの人を幸せにしたいと思ったことです。飢餓に苦しむたくさんの人々を農業技術で助けることができないかなど研究していきたいと思い、この学部を志望しました。

当財団の奨学生に応募しようと思ったきっかけと、選考過程で習得した「気づき」や「学び」について教えてください。

応募しようと思ったきっかけは、このままでは自分が本当に学びたいことが学べず、夢を実現できないと思い、食に力を入れている一般財団法人の奨学生に応募しました。選考過程で習得した気づきは、国際協力には様々な困難があるということです。その土地にあった農業栽培を提供することは大変な作業で、その技術提供をすることも言語の壁があったり、様々な経験や知識がなければできないことなのだと気づきました。その困難に立ち向かうため今特にアフリカ地域の熱帯作物を学んでいます。
また英語の能力の向上のために日々勉学に励み、TOEICにも挑戦する予定です。

当財団からの奨学金を活かし、いまどのような勉強・研究・活動等を行っていますか?
近況について教えてください。

実習に一番力を入れています。農業実習では熱帯作物の研究や作物の効率的な栽培方法、果樹についても学んでいます。
また英語のリスニングやスピーキング能力向上のためにプレゼンテーションや会話に力を入れながら日々学習しています。SDGsなどの開発目標や、青年海外協力隊ついても詳しく学んでいます。
また御奨学金をいただけたことで勉学に集中することができ、特待生に任命されました。本当に毎日充実した生活を送っています。まだ海外に行き、貧困地域の人々や文化を自分の目で確かめることは実現できていませんが、コロナウイルスが収束いたしましたら実現していきたいです。心よりお礼申し上げます。

2021年度奨学生を目指す後輩の皆さんへ向けて、応援メッセージをお願いします。

自分のやりたいことを実現するために、日々努力することが一番大切なことだと思います。
皆さんの夢に向かって頑張る姿は必ず評価されます。頑張ってください。

明治大学 農学部・食料環境政策学科 M.S.さん

04message

「食」に関する分野について学ぼうと思ったきっかけ、この学部・学科を
志望した理由を教えてください。

食は私たち人間にとって最も基本的なものであり、重要視すべき存在です。先進国と発展途上国の格差は大きく、前者では飽食や肥満が問題になっているのに対して後者では“食べられない”ということだけで毎日多くの人々が命を失っている現状にあります。身近な食糧問題として食品ロスなどが挙げられますが、飢餓問題や貧困について改善していくためには「農業」と「食」が一番重要であると感じ、現在の学科に入学しました。

当財団の奨学生に応募しようと思ったきっかけと、選考過程で習得した
「気づき」や「学び」について教えてください。

貴財団の奨学生に応募しようと思ったきっかけは、やはり「食」に関する思いが強かったからです。選考過程で書いた課題文や面接時には、改めて自分のこれからの道について考える良いきっかけとなり、面接官の方から頂いた有難いお言葉が時に支えになっています。自分が今度どうしていきたいのか見つめ直し、具体的な卒業後の進路について見えてきた部分が大きかったです。

当財団からの奨学金を活かし、いまどのような勉強・研究・活動等を行っていますか?
近況について教えてください。

奨学金のご支援ありがとうございます。おかげさまで学業を続けられています。現在は実習や対面での活動は控えざるを得ない状況ですが、フードロスに関するボランティアをオンライン上で続けております。来年から研究室にも配属されるため勉強にも一層力を入れて励んでいきたいと思っています。

2021年度奨学生を目指す後輩の皆さんへ向けて、応援メッセージをお願いします。

それぞれのご家庭の事情などで、大学に進学しても経済的に在学し続けることが難しくなる状況もあると思います。私自身今年はコロナウイルスの影響でアルバイトが無くなってしまう等苦しい状況ではありました。
しかし奨学生を目指し、ご自身の夢をあきらめないでほしいと思います。

東北大学 農学部応用生物化学科S.H.さん

05message

「食」に関する分野について学ぼうと思ったきっかけ、この学部・学科を
志望した理由を教えてください。

小学生の頃から食の科学に関心があり、食品加工や栄養学などに関する子ども向けの本を読んでいました。中学では食品添加物に、高校では糖質の化学に興味を持ち、また学校の勉強では化学と生物の生体機能分野が好きだったので、大学でもさらに深く学びたいと思いました。農学部応用生物化学科では生物学と有機化学を応用した実学を研究するため、社会や実生活に直結する研究ができることに魅力を感じて志望しました。

当財団の奨学生に応募しようと思ったきっかけと、選考過程で習得した
「気づき」や「学び」について教えてください。

食に関する分野を学ぶ学生が対象ということで、まさに自分に合った奨学金だと思いました。エントリーはしたものの、書類の準備が間に合わず、一時は応募を断念しましたが、締め切りを延長していただいて応募することができました。指定課題を書く上では、今後どのようなことを学びたいかということだけでなく、それが社会にどう貢献できるのかを考えるきっかけになりました。

当財団からの奨学金を活かし、いまどのような勉強・研究・活動等を行っていますか?
近況について教えてください。

4月に専門コースに配属され、専門科目の授業が本格的に始まりました。今学期は昨年から楽しみにしていた食品化学や栄養化学などの授業を受けています。教養科目の必要な単位は取得したため、今は経済学や免疫科学、中国語、科学英語など、卒業要件とは別に関心のある科目を選んで学んでいます。

2021年度奨学生を目指す後輩の皆さんへ向けて、応援メッセージをお願いします。

書類選考の指定課題や選考通過後の面談は大変かもしれませんが、自分の考えを書き、言葉で説明することはいい経験になると思います。頑張ってください。